忍者ブログ
  • 2017.02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/03/26 12:24 】 |
人気アニメキャラクターの声をやっている人の顔を全部みせちゃうよ!ベスト50
livedoor ニュース - 【カオス通信】エヴァが圏外?バラエティ番組はアニメランキングを操作しているのか?

去る9月22日(土)、テレビ朝日のバラエティ番組『大胆MAP』で「人気アニメ
キャラクターの声をやっている人の顔を全部みせちゃうよ!ベスト50」
というゴールデンタイム特番が放送されました。

まあ要するに声優さんに「顔出し」の出演交渉をするというものだったのですが、
これがアニメファンの間で大不評!

私も見ましたが、声優さんに交渉するタレントの言動に失礼なものが多く
テレビ用の演出と考えても明らかに問題があるようにみえました。

プロの声優に対するリスペクトに欠けるというか、そもそも交渉する際に
相手の名前を言わず「●●の声をやってる方ですか」と本人に聞くというのは
社会人としてどうなのかと




ランキングとしても、
『キン肉マン』、『キャッツ・アイ』、『ハイスクール!奇面組』、『聖闘士聖矢』、
『シティーハンター』、『きまぐれオレンジ☆ロード』といったジャンプ黄金時代の
作品の多くもランク外。

社会現象にまでなった『新世紀エヴァンゲリオン』、女の子に人気のあった
『美少女戦士セーラームーン』、『テニスの王子様』、『鋼の錬金術師』、
『機動戦士ガンダムSEED』などもランク外というのも気になるとなっている。


見てみたものの、交渉役のタレントに対する不快感で番組を楽しめなかった。
芸暦の長い年配の役者に対する配慮がまるで無い。
イメージを守るために顔出しをNGにした声優は名前の紹介すら無い。

ランキングにも疑問ばかり。
好きなアニメと、顔を見てみたい声優というのは別物なのかもしれないし、
国民的に知名度のあるアニメと、そうでないアニメというのもあるのだろうが、
この番組は、「アニメの声優」という職業を馬鹿にしているとしか思えなかった。


PR
【2007/09/28 17:07 】 | おもしろいこと | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<上海ハニーの日本語が変 | ホーム | アメリカン忍者>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]