忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/21 23:30 】 |
100万部のサスペンス「リアル鬼ごっこ」が映画化
痛いニュース(ノ∀`):100万部のサスペンス「リアル鬼ごっこ」が映画化 主題歌はKOTOKO

山田悠介さんのベストセラー小説「リアル鬼ごっこ」(幻冬舎文庫)が、
「夜のピクニック」の石田卓也さん(20)とテレビドラマ「わたしたちの
教科書」の谷村美月さん(17)主演で映画化される。
また、アニメ「ハヤテのごとく!」などで人気の歌手KOTOKOさんが
主題歌「リアル鬼ごっこ」を担当することが明らかになった。

「リアル鬼ごっこ」は01年発売の山田さんのデビュー作。
国王の恐怖政治下にある西暦3000年の日本で、王の命令によって
「佐藤」の姓を持つ人々が、捕まると殺される「リアル鬼ごっこ」の標的とされ、
命がけの逃走を繰り広げるというサスペンスホラー。

高校生ら若者を中心に口コミで人気が広まり、累計100万部を超える
ベストセラーとなっている。



レビューを読んで、こりゃ駄目だ…と読む気が起きなかった本。
有名な文章を抜粋すると

「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」
「騒々しく騒いでいる」
「最後の大きな大会では見事全国大会に優勝」
「十四年間の間」
「ランニング状態で足を止めた」
「遠く離れると横浜の巨大な遊園地ができた」
「いざ、着地してみるとそこは森の様な草むらに二人は降り立っていた」
「永遠と続く赤いじゅうたん」
「この話は人々の間とともに長く受け継がれていく」


…日本語として文が成り立ってない。
設定が面白いから文章の稚拙さは気にならないという人も
多いみたいだけど、こんな文章が出てきたら、たとえ内容が
面白かろうが読む気が失せる気がするんだけど。

Amazon.co.jp: リアル鬼ごっこ: 本: 山田 悠介
よい子のBlog(季節のフルーツ添え):読書感想文「リアル鬼ごっこ」 山田悠介著
レビューが凄い。

PR
【2007/10/25 11:18 】 | ふしぎごと | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ごみの中から拾った絵画が1億円 | ホーム | かわいいセクシーな写真の恐怖>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]